硬いバストは血行を良くしてこりをほぐすのがポイント

女性らしいふっくらと柔らかいバストが理想ですが、中にはバストのサイズは問題ないのに、バストが硬くて悩んでいるという人もたくさんいます。

バストは脂肪の集まりですから冷えたり周りの筋肉がこっていると、自然と硬くなってしまいます。

バストが硬くなってしまう原因の一つがブラや補正下着による締め付けです。

形のいいバストをキープしようと締め付けの強い下着を常に身に着けていると、バストや周辺の血行が悪くなってしまいます。

また、リンパの流れも悪くなりますから、老廃物もたまりやすくなります。

血行が悪いということは体が冷えやすくなってしまいますから、バストも冷えてしまって硬くなってしまいます。

また、普段から姿勢が悪いと、肩甲骨周辺の筋肉がこってしまってバストの硬さにも影響してしまいます。

改善法はまず、締め付けの強すぎる下着を見に着けないようにして、肩やバスト周辺の筋肉のこりをほぐしてあげることです。

バスタイムは血行促進と筋肉のこりをほぐすのに最適な時間ですから、ゆっくりとぬるめの湯船に浸かって血行促進とこりをほぐしてあげましょう。

また、お風呂上りの温まった状態で、バストマッサージをしてあげると効果的です。

指のすべりをよくして肌やバストを傷つけないためにも、マッサージ用のクリームやオイルを使いましょう。

リンパの流れにそって老廃物を流すように優しくマッサージしてあげると、老廃物もしっかりと流れてくれてバストも柔らかくなってきます。

脇や背中のお肉をバストに集めるような感じでマッサージしてあげて、外から内へとバストを持ち上げるようにしてあげると効果的です。