バストの肌荒れの中でも最も厄介なニキビについて

バストの肌荒れに悩んでいる方は、必見です!バストの肌荒れは、乾燥や鳥肌のような肌荒れがありますが、悩んでいる人が多いのが、ニキビなんです。

ニキビは、顔や背中にできるイメージがありますが、実はバストもできやすい場所になります。デコルテやバストにニキビができてしまうと、胸元のあいた女性らしいファッションも楽しめなくなります。水着を着るのも恥ずかしいですし、とても治りづらいので、段々コンプレックスに感じてしまう方も少なくありません。

バストにニキビができる原因はいくつかあります。まず、バストが乾燥しているということ。バストの保湿に気が回っていないと、かなりの確率で乾燥してしまいます。そうすると、毛穴に汚れが詰まって、それがニキビとなって現れてしまうのです。ニキビができると、乾かそうとしてしまうので、更に乾燥を引き起こします。それが、バストのニキビを悪化させ、長期化させてしまう要因にもなっています。

そして、一番の原因として考えられるのが、髪の毛の毛先がバストに当たっているということです。だから、男性よりも女性の方がバストにニキビができやすい傾向にあります。バストに直接髪の毛が触れないように、髪の毛を結んだり、肩の長さまでカットするというのも手です。

また、お風呂に入った時に、体から洗っている方も要注意です。髪の毛を後回しにしてしまうと、シャンプーやコンディショナーが、バストに流れてしまいます。それが流しきれないと、毛穴が詰まってしまい、ニキビの原因になります。

これらの原因の思い当たることから改善していけば、バストのニキビは良くなるでしょう。